オフィスで使う高級なチェアーは、長時間座ることと座り心地で気分が大きく変わってきます。社長の椅子としてマネージメントチェアーは多くの人から絶賛されています。この「コクヨのマネージメントチェアー130」は、本革が使用されていて役員室や社長室にもピッタリと合う「高級本革チェアー」です。

 なぜこの椅子をおススメするのかというのも、一度座ってみてるとよくわかりますがとにかく座り心地が最高と言うことです。職場で長い時間座る椅子は、座り心地が良いものを選ぶのがよいということ。
 良いものを使うことで、その時間がさらに研ぎ澄まされた時間になるということだからです。どんな物事に言えることですが、「良いもの」を使うことで人生が変わってくるという事実があります。


  
 例えばベッドでも薄いぺったんこのマットレスのベッドで寝るよりもちょっと大きめな適度な硬さのあるマットレスのベッドで寝ると、疲れのとれかたもすごく変わってきます。
 また、リビングにあるソファでも同じ。ちょっとペタんこの固いソファよりも、ずっしりとした心地良いソファに座ることでそこに安物のソファに座っている時と心地よいソファに座っている時とでは、座っている人の脳みそや内心は、非常に気分がよく活発に働いてくれます。

 このオフィスチェアーも同様。座り心地の悪いパイプ椅子に座っているよりも、高級な革張りの椅子に座っている方がすべてにおいてプラスに働いているということです。

 本革マネージメントチェアーの仕様

 注文を受けてからの受注生産なので、一か月ほど配送には時間がかかります。

素材
本体 / 本革張り + ビニールレザー 黒色 、 PVCエッジ巻き
 背 ・ 座芯材 / カプール成型合板
 肘 ・ 脚 / アルミダイカスト ( 磨き仕上げ )

サイズ
720W×730D×1005~1080H
 座面高さ  430~505mm
 肘高     595~670mm

背座面に厚みのあるタイプの椅子ですので、
役員室・重役室などの執務室、管理職向けのエグゼクティブな椅子です

「良いものを使う」という感覚は、ものすごく大切な感覚で「自分のステージを引き上げてくれる効果」があると感じています。いつもの椅子にすわっていても「いつもと同じ感覚」でいるために、特に上のステージを意識することは日常で少ないです。
 ちょっと高級で座り心地の良い椅子に座ることで、自分の根本的な気持ちに変化を与えることができるので、大きな変化の一歩を踏み出せることになります。

 新たに社長になった人や役員になった人、今現在社長の方でも重役の方でも一度この感覚を味わってみてみるといいかもしれません。

 これから大きく羽ばたきたいと考えている若い方や個人経営者の方でも、昨日までの自分と違う自分で行くために「何かを変えたい」と思っている人にはおススメの椅子です。

まとめ


 かなり高価なマネージメントチェアーですが、ちょっと良いものを「使う」と言ったときに家具などを思いつきますが、仕事で使う毎日当たり前のものを新たに変えてみることで、昨日までの自分と変われるはずです。
 一度、家具屋に行ってみてソファーやオフィスチェアー、もしくはベッドと言ったものを試しに座ったり、寝たりしてみることをおススメします。

 ほんとに気分も変わりますし、実際につかってみると今までにない「変化」を体感することができます。

 ちょっと「人生を変えたい」って思っている人への管理人おススメのアイテムです。