毎日飲む飲料水にもこだわる時代と言われますが、毎日飲むからこそこだわりを持ちたいところです。特に女性の場合には、出産時や妊娠時など体の調子を整えるタイミングが多いためぜひこだわりを持ってほしいところです。

 毎日飲むというところで考えると、高価な健康飲料などは続きません。安い価格で健康を意識した特に女性にうれしい飲料水を紹介します。

それが 有機JAS認定 オーガニックルイボスティー  「なごみ」 


 オーガニックルイボスティーとは?


まず、オーガニックとはもちろん「有機栽培」のこと。農薬や化学肥料に頼らずに日光、水、その土地の土など自然環境をいかした栽培の事をさします。

 そして聞きなれない「ルイボスティー」とは、南アフリカの山脈にある「赤い茂み」という意味を持ったハリのようなとがった葉っぱを持つマメ科の植物のお茶の事です。
 よくお茶というと緑茶とか紅茶と言った感じの中国茶を連想しますが、全く違った「お茶」のことを言います。

 「ルイボスティー」の産地は南アフリカのセダルバーグ山脈に囲まれた一帯のみ。ミネラルを多く含んだ土壌でこの土地のみで「ルイボスティー」の栽培が可能です。その昔から原住民たちによって飲み続けられて来ました。そして近年になりこの地域の調査をした結果、ルイボスティーを飲用している部族は若々しいのに対し、そうでない部族は年齢よりも老けてしまっている事実を発見しました。

 そしてこの「ルイボスティー」を栽培、加工、研究しヨーロッパの各地に輸出したのが始まりです。

オーガニックルイボスティー 「なごみ」 のおススメ理由は?


 1、カフェインがゼロ   →  妊婦や赤ちゃんも安心して飲めます

 2、有機栽培なので農薬などの心配はありません

 3、女性、赤ちゃんの肌にとてもよい

 4、ミネラル豊富な土地で栽培されているので、優れたミネラルバランスと妊娠中の女性には最高のミネラル補給

 5、授乳期の女性にも質の良さとたっぷりの母乳のために

妊婦や赤ちゃんには、お茶に含まれる「カフェイン」は刺激が強すぎます。この「なごみ」にはカフェインはゼロということで大変妊娠中の女性から、出産後の女性から赤ちゃんまでうれしい飲料水と言えます。

 そして「ミネラルの補給」と言った観点からも南アフリカは世界有数の鉱山で豊富なミネラルを含んだ土壌です。鉱物=ミネラルなので、世界有数の鉱物の産地の土壌からとれるルイボスティーは日常から摂取するミネラルも申し分がないほどです。

そしてさらに安心、安全を提供するために国内認定工場で袋づめまで行い「有機JAS認証」を取得しています。

コーヒー紅茶に含まれる「ポリフェノール」も「なごみ」ならカフェインを取らずに、ミネラルと一緒に取ることができます。

オーガニックルイボスティー「なごみ」の2万5千件近い購入者レビュー


・とにかく安くて食後のお茶がわりに飲んています。クセもなくのみやすい。
・水だしでも十分でます。3歳の子供といっしょに飲んでいます。
・香りは紅茶とウーロン茶の間、味はストレートティー。すごく飲みやすいです。妊娠時期にカフェインが気になり「なごみ」に変更しました。
・家族5人で15年飲んでます。価格が安価なので助かります。
・ホットにして子供に持たせています。赤ちゃんでも子供でも妊婦でも安心して飲めるので助かります。
・欠かせない「お茶」になっています。食事の時に必ず飲んでいます。リピ予定。
・毎朝2リットル飲みます。おいしいしやすいので続ける事ができます。


さいごに


健康を考えて飲む「飲料水」は多くありますが、カフェインやミネラルを考えた手ごろな「健康茶」として考えると最高の一品と思います。食事の時に飲むお茶などは、基本的にカフェインが入っている物が多くて小さいこともや妊婦の方にはちょっと刺激が強すぎる。そこで食事の時に飲む「お茶」として、ミネラルが多くふくまれていてそこからカルシウムなどが摂取できるの優れもので、気軽に飲める飲みやすさとなんといっても「安い」と言うメリット。
 
 これから妊婦になるとか、小さい子供がいるという方にはうってつけの「オーガニックルイボスティー  なごみ」です。また、大家族で食卓がいっぱいの家でも食事中にのむお茶を「なごみ」にするのも良いかも。ミネラルをたくさん摂取することができて、しかも安い。

 多くの方におススメできる「お茶」「なごみ」です。

コメントを残す