ゴルフを始めた方は、ゴルフグッズの多さにびっくりすると思います。有名ブランドからニッチなブランドの商品まで、そして細かいパーツまで様々です。
そしてきっちり基礎から勉強している人もいれば、会社のお付き合いで始める方もいます。そしてガッツリはまってしまう人たちも。。。

そんな「ゴルフ」なのですが、初心者がコースに出て必ず必要で「予備の準備」をしなくてはならないのがボールです。ほとんどの方がなくしてしまうので、予備のボールを持つことは必須です。もちろん上級者でもなくすことはありますが、劣化もしていくのでいつまでも使っていられないのが「ボール」です。

 そこでコースに慣れてきたらおススメする「ボール」を3つご紹介します。

といっても様々なブランドそして、種類(ディスタンス系、スピン系、固い、やわらかい)がありますのでそういったことを特に考えないような初心者の方から迷わずに使っていけるボールを紹介します。

1、タイトリスト PRO V1  V1X


 王道中の王道のタイトリスト PROV1 V1X です。多くのプロの方が使っていてアマチュアの方も大変多く使っているボールです。そしてロングセラーの商品。多くの方が使っているので、コースに出た時にグループ同じボールの人が出てしまう時もあるくらい。大変人気の商品です。

 

V1の方がV1Xに比べてソフトな打感で、低い弾道向き。V1XはV1よりもやややハードな打感で飛距離を期待できるボールで、高弾道に向いているボールです。初心者の方は、違いを体感するのは難しいかもしれませんがずっと使っていけて、なんといっても一番売れているゴルフボールです。上級者になってスピン量を気にするようになってきても十分対応できるボールで、一番のおススメになります。

2、PHYZ プレミアム


 「PHYZ」とはブリヂストンが作ったゴルフブランドでちょっと高級感があるブランド。その質も大変良いものでちょっと初心者の方にはもったいないイメージもあります。ただヘッドスピードが30M/Sから40M/Sの方にちょうど良いボールで、非常にソフトでディスタンス系のボールになります。
 

 

 比較的年配の方向けに作られている感じがしますが、ちょっと力に自信がない方や初心者や女性の方にも向いているボールです。パワー系の人やヘッドスピードが速い方にはちょっとやわらかすぎると思えるかもしれません。
 4ピースボールでは一番やわらかいとうたわれているボールで、飛距離は期待できます。
メーカーでも推奨している「フェイスに吸いつくような打感」はアイアンショットなどを得意としている方にはおススメです。
 実際に使っているベテランの方に聞くと、打感では今発売されているボールで一番と言う人もいます。ハンディキャップ8の人の感想です。

3、ブリヂストン TOUR STAGE  V10


 最後はブリヂストンの王道の商品。ツアーステージブランドのV10。ソフト感も初心者から中級者向けで、ヘッドスピードも35M/Sから50M/Sくらいまで対応。ディスタンス系のボールで3ピース構造。ドライバーのスピン量を抑えて、アプローチスピン量をやや多めのボールです。

 

 アスリート向けのXシリーズの手前の商品で、飛びとアプローチスピンを考えた初級者から中級者に向けた商品です。プロの方もボール選びでゴルフは変わるとおっしゃっています。ボールを選ぶときには、自分のヘッドスピードやクセを知っておくことも重要です。少しゴルフにも慣れて、コース慣れしてきたらV10を使ってみるといいかもしれません。

 

さいごに


 初心者の方がゴルフボールにこだわるのは難しいかもしれませんが、ボールの良さを知るには意識していないとわかるようになりません。また、練習場で打つボールとコースボールは違うため、コース慣れしてこないと違いもわかりません。最初はロストボールを使っていてもある時期になったら新品ボールで「打感」をわかるようになる必要が上達するには通らなくてはならない道です。

 そんなときに今回の3つのボールを使ってみる事がおすすめです。一番人気のロングセーラーの商品から新しい商品から中級者向けのものまで。他にも違うブランドから種類から数限りなくありますが、個人的に使ってみたおススメと周りの人の意見も踏まえて使ってみる事がおすすめです。