様々なダイエット方法がある現代では、「ダイエット」と言うことばがあまりに軽くてひとりあるきをしてしまっている状況のように感じます。人によって何キロ痩せたいかは違いますが、どれだけ本気になってダイエットに打ち込めるかで結果が変わってきます。そしてその方法で、続くか成功するかも変わってきてしまう気もします。
 

以前からダイエット食品として知られている「ところてん」は効果があるのかどうか?またその口コミ評価やどの商品がいいかなどを考えて、一番のおススメのところてんを紹介したいと思います。

 それが「高千穂ところてん」


【楽天】 ダイエット健康ランキング

 高千穂ところてんのおススメポイント


一袋250グラムでかなりの量がありますが、なんとそれで5キロカロリー
 基本的に太っていってしまう理由は、もちろん摂取カロリーよりも消費カロリーが少ないから。低カロリーのものを摂取してカロリーを控えて、運動などで消費カロリーを増やす。これでダイエットはできます。ただこの通りに行かないところがほとんどの人で、どうしても摂取カロリーの方が高くなってします。それもそのはず。
 今の日本人の食事は「欧米化」が進んでいるために、かなりのハイカロリー化が進んでいます。意識して食事制限をして、さらに適度な運動をしっかりしないと痩せることは難しいのです。

 そしてこの「高千穂ところてん」は一袋食べても5キロカロリー。おなかいっぱいに食べても全く太ることはない。「ところてん」と聞くと酢のものとして食べると考える人も多くいると思いますが、決してそうではありません。一袋に一つ、ソースが付いていて(三杯酢、黒糖みつ、きなこ)これらを混ぜていただけます。
 
 そしてそれだけではありません。

なんといっても家庭にある食品を混ぜて使えるということ。ところてんだけで食べるのは味気ない感じもしますが、フルーツトッピングやスープに混ぜたりして、どんどん自分なりにアレンジして食べることができると言う点。


「ところてん」とトッピングする料理の一例

キムチあえところてん、中華風サラダ、フルーツあんみつ、オクラ鰹節、アボガドサラダ、ヨーグルトところてん、トムヤムクン、エビマヨ、ふりかけ、リンゴ酢はちみつ、なっとうところてん、など。
 無数にあるところてんトッピング。最初からついているソースでいただくのも良いのですが、飽きてきてはダイエットとしてつづきません。バリエーションが豊富な方がつづきやすいから。

ところてんの栄養成分

ところてん100gにつき
エネルギー 2kcal
たんぱく質  0.2g
脂質     0g
炭水化物  0.6g
ナトリウム  3mg

 ところてんダイエットの方法は?


 ここでところてんを食べてどのようにして「ダイエット」ができるかと言うと、それはもちろん「ところてんをおなか一杯に食べる」ということです。先にも紹介しているように一袋(250グラム)でたった5キロカロリーしかありません。おなかいっぱいに食べたとしても、成人している方で太ることはないカロリーです。

これを続けていくと当然、摂取カロリーが低いので痩せていくことになります。今までの食事を「ところてん」に置き換えるだけで、みるみる食事の量が減ってくるはずです。

 ここで購入者レビューも紹介します。さすが100件以上のレビューがあります。

・250グラム×10袋で送料込みで1404円。超お買い得です。しかもソースが一袋に一つついています。
・アレンジでいただくことが多いですが、主にスープが多いです。甘味フルーツや中華サラダなど。
・クセが少ない。
・おなか一杯近くまで食べています。明らかに間食をとることが減りました。
・かなりおなかは膨らむのに、カロリーがないって画期的。
・スーパーのところてんとは大違い。弾力性がありのど越しがいい。臭いもなくクセも少ない。量はかなりあるのにカロリーがない。良いところだらけですが、タレがちょっと少ない。
・このところてんを一袋食べると、他の食品はもう食べられない。おなかいっぱいで。
・暑い日には最高。またリピします。

など。100件以上のレビューが書かれています。

内容量
天草(韓国)、天然裂罅水、三杯酢{濃口醤油本醸造、醸造酢、砂糖、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に小麦を含む)}、黒糖蜜{砂糖、果糖ぶどう糖液糖、黒砂糖、水あめ、食塩、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)}、きなこ{砂糖、大豆、食塩}

さいごに


 おなかいっぱいに食べても5キロカロリー。しかもトッピングが無限に作れるところも飽きずにダイエットを続けやすいはず。しかもクセのある食品だと長期で食べ続けることはむずかしい。この「高千穂ところてん」はクセが少ないことも多くのレビューにかかれています。
 無理に「食べないダイエット」をしようなんて考えている人よりも、低カロリー食品を気にせず食べほうがよっぽど利口と言えるはず。

 価格が安いところもおススメできるポイント。サプリメントと飲むよりもある意味効果的と言えるかも。きちっとした食品をおなかいっぱい食べる事の方がストレスもかからないから。
 「ダイエット」と言う観点からと「健康」という観点から両方から考えていいと思います。単純に「ダイエット」として挑戦してみると、今までつまづいてきた人でもうまくいくかもしれませんよ。