普段履く「サンダル」というとちょっとおっさんサンダルを連想している人も多いかもしれません。「サンダル」をおしゃれに履きこなすと思ったときに、一番お勧めな「ブランド」と言うと「BIRKENSTOCK」をすぐに思いつく人も多いはず。

 このメーカーは、シューズやサンダル、そしてソックスなど主に足元のアイテムを作っているメーカー。1774年から大変長い歴史のあるメーカーです。
もちろんメンズだけのメーカーといるよりも男女問わない種類の多さとカラフルな色使い、そしてサイズの幅広さ。サンダルの形だけでも種類が豊富です。形や色で日替わりで楽しめるくらい数があります。

 【楽天】ビルケンシュトックの種類と値段ページ ⇒ https://a.r10.to/hfTjh8

 おススメするいくつかのタイプを紹介していきます。

1、アリゾナ


 ビルケンシュトックの中でも一番のオーソドックスなスタイルの「サンダル」でコスパと実用性のバランスの取れたモデル。

 サイズも細幅と普通幅と2種類
<細幅(ナロー)>
35(約22.5cm)、36(約23~23.5cm)、37(約23.5~24cm)、38(約24.5cm)
39(約25~25.5cm)、40(約25.5~26cm)、41(約26.5cm)、42(約27~27.5cm)
43(約28cm)

<普通幅(レギュラー)>
35(約22.5cm)、36(約23~23.5cm)、37(約23.5~24cm)、38(約24.5cm)
39(約25~25.5cm)、40(約25.5~26cm)、41(約26.5cm)、42(約27~27.5cm)
43(約28cm)

 ここまで1つの種類でサイズと色をそろえているブランドサンダルもほぼないはず。歴史あるメーカーだから安心して長く履くことができます。

そしておススメするもう一つの理由は、その履き心地。履いた時にぴったりとフィットする足裏の凹凸がしっかりと地面をつかむ感覚があるところです。

2、ミラノ


こちらの「ミラノ」モデルはかかとの部分までついたストラップが特徴。よりホールド性を高めたモデル。脱げる心配が少なく、より「フィット感」を求める方にはおススメモデル。初めて「ビルケンシュトック」を購入する方は、このモデルと言う人も多いはず。

 カラーは4色。ブラック、ホワイト、ブルー、ブラウン。サイズも細幅、普通幅の2種類で23センチから28.5センチまで。ほぼ全部を網羅しているサイズの多さです。

 そして「フッドヘッド構造」の詳しく記したものです。


 
 販売ページ参照
 

 3、ボストン


 次が「ボストン」。
 

 色の種類はこちらは12種類あり、30年以上のロングセラーモデルです。素足でも履けて、寒い季節にはソックスと合わせて履くことができます。年間通して履けるモデルになっています。フィッティング次第で自分だけの一足になるので、比較的長く履くことができます。

 3つのアーチを考慮した「フッドヘッド」により、足裏の程よい固さによって快適支えてくれます。弾力性のある素材を使うことによって、アーチ本来の機能を生かし履くたびに足になじんでくるようになります。それにより履くたびに正しい歩行へと導いてくれます。

 様々な種類のある中で、いくつかの種類の購入者レビューを紹介します。

・外反母趾の母が医者に勧められて購入。元々の足裏の形が自分の形に変わっていき、ネットを疑っていた母が安くかえるならまた購入すると言っていました。
・安いのでここで購入。はいているうちになじんできます。
・かれこれ20年以上愛用しています。サイズに注意して購入すれば、かなり長く履くことができます。
・意外と高価な買い物と思っていましたが、ここで通販で安く販売していたので買ってみました。お勧めは店頭で試しに履いて、通販で購入。

さいごに


 ちょっと種類の多さと割と高価な買い物といった印象があるかもしれませんが、一度はいて見るとフィット感やなじんでくる感覚がすごく気に入るはず。デパートやモールで試しに履いてみることがおススメ。そして通販で購入。安さなら通販ですからね。
 ちょっと種類多さに悩んでしまうことはあるかもしれませんが、一度長く履いてみて、自分だけのフィット感を感じるとお得感はあるはずですよ。

 【楽天】「ビルケンシュトック」ページ ⇒ https://a.r10.to/hzRfdL